使われる場面|フライヤー印刷をする際の掟を知ろう|圧倒的な存在感のある広告

フライヤー印刷をする際の掟を知ろう|圧倒的な存在感のある広告

色見本

使われる場面

女の人

フライヤー印刷とはどのような場面で使われるものなのかを把握しましょう。目的によっては業者に頼むプランの内容も変わっていきますので、目的にマッチしたロスが少ないフライヤー印刷をするためにも調べておくことが大切です。一般的にフライヤーというとライブや展示会のイベントといった会で使われます。そのため、スーパーやパチンコなどで宣伝するような、「この商品が安くなっています」「今日はキャンペーンをやってます」という大々的にアピールするためのチラシとは全く違う様相を呈してくるのです。フライヤーはハンティング用、ポスティング用の他に店頭やイベントに置く案内物の役割を果たしているのです。そのため、印刷されている内容自体を宣伝したいというよりは、手にとってもらってアピールするという性質があります。そのため、3Dのデザインであったり、複雑な図案が印刷されていたり、宣伝したいお店やイベントの雰囲気を表すためにフライヤー印刷は行なわれるのです。

こういった事情があるため、フライヤーはチラシのような新聞と一緒に入れるために作られないのです。誰もが持ち帰り安くA6サイズで小さめに作りますし、お店に置くのでそれほど大量には作られません。もちろん、もしイベントを開催するとして多くの人に来てもらいたいなら、少しずつ、かつ広い地域に配るので大量に印刷が必要になります。一番大事なのがデザインであるといえるでしょう。おしゃれなデザインをしなければならないので、じっくり考えることが大切です。しかし、印刷業者のプランによっては即日印刷となるとお金もかかりますし印刷の質が悪くなる可能性もあるのでフライヤー印刷をする際は気をつけるべきです。