紙にも注目|フライヤー印刷をする際の掟を知ろう|圧倒的な存在感のある広告

フライヤー印刷をする際の掟を知ろう|圧倒的な存在感のある広告

色見本

紙にも注目

色見本

コピー機が会社にも存在するのでちょっとした宣伝物なら社内でやってしまおうと考える人も多くなってきました。実際、家庭では年賀状をジェットプリンターで印刷してしまうというところも多いです。しかしチラシ印刷をする際に、業者と頼むのと自分でやってしまうのとでは決定的な違いが現れるところがあります。それは紙です。ホームセンターや事務文具店で手に入れられる紙には限界があります。しかもチラシのような持ち運びがしやすく薄い質の紙はあまり手に入りません。手に入れられたとしてもロット数が大量になるので、コスト的にも効率が悪いといえるでしょう。チラシ印刷に使える印刷用紙の種類について知り、より良いチラシ印刷をしていきましょう。

チラシ印刷に使われる紙は主に三種類に分けられます。まずはコート紙ですが、この表面には顔料がつけられています。顔料が紙の表面を均一にならしているので、ツルツルになっているのです。このように用紙に光沢があれば、印刷した画像に高級感がでます。そしてチラシ印刷は鮮やかな色をしているのですが、コート紙ならこの鮮やかな色がより映えます。反対に、マットコート紙がありますが、コート紙とは違って光沢がありません。ツルツルはしているのですが、しっとりとした肌触りであるため、コート紙よりも落ち着いた感じにデザインが仕上がるのです。彩度もやや落ちますので、シックな雰囲気があるデザインに向いているでしょう。最後に上質紙ですが、質感は一般的なコピー紙と同じです。文字がたくさんあるデザインのチラシ印刷に向いているでしょう。