フライヤー印刷をする際の掟を知ろう|圧倒的な存在感のある広告

チラシで変わる集客率これが広告の力

紙にも注目

色見本

印刷業者にチラシ印刷を頼む利点としては、上質な紙を大量に使えることがあります。デザインによって合う紙は違いますので、それも考慮して印刷のプランを決めていきましょう。

詳細を確認する

使われる場面

女の人

イベントや宣伝内容によってはフライヤー印刷をするのかチラシにするのかが変わってきます。フライヤーは基本的にお店に少しずつ置くものなので、お洒落なデザインにする必要があります。

詳細を確認する

違いも知っておく

紙

広報なら知っておくべき

イベントの主催者や企業の広報ならチラシやフライヤー印刷のことは知っておいた方がいいでしょう。インターネットを使ったいわゆるオンライン広告が多く利用されている現代ですが、今でもまだ新聞にチラシを挟む、ダイレクトメールやフライヤーを配るという手法は有効活用されています。しかも印刷会社の工夫により、以前よりも依頼にかかる費用がかなり安くなってきているので、気軽に利用することができます。データ入稿は業者のホームページでやり取りすることができるので、近くに印刷会社がなくても利用可能です。しかもフライヤー印刷の利用が初めてならキャンペーンでとても安い値段で利用することもできるのです。そうなるとコストカットにもなるので、これも一案に入れておいて印刷方法を熟考しましょう。

フライヤーとチラシの違い

ところでフライヤー印刷会社ではダイレクトメール型のはがき印刷や診察券の印刷も行なっています。これらは法人や企業、公共施設の担当者がよく利用するサービスとなっています。とても便利なのでどんなときに使うのかは把握しておくといいでしょう。チラシとフライヤーの違いがそもそも分からないという人もいるでしょう。大雑把にいえばチラシとフライヤーは単に日本語と英語という違いなので由来は同じものと考えていいです。しかし厳密にいえばフライヤーは持ち帰ってもらうために作られるもの、チラシは他の印刷物と同梱することが目的になります。宣伝目的が明確に違うのであれば、チラシ印刷とフライヤー印刷はそれぞれ別のやり方を採用することになりますので、よく検討しましょう。圧倒的な存在感のある広告を実現しましょう。

安くなる理由

プリント

インク代や紙、送料を安くして広告にかかる経費をカットしたいなら激安のチラシ印刷がおすすめとなっています。印刷できる大きさに制限もあるので、プランと目的が合うかを検討しましょう。

詳細を確認する